最近、天然資源の消費や、温室効果ガスの排出などにより地球温暖化が進んでいます。
その地球温暖化を防止するために、世界各国では温室効果ガスの排出規制が行われています。
岐阜市においても、地球温暖化の防止対策として、個人から排出される温室効果ガスの削減を狙っています。
そこで個人住宅の省エネ化を推進するため、住宅用太陽光発電システムの設置に対して、補助金制度を設けています。
太陽光発電システムを設置するには100万円以上の費用がかかってしまいます。
そこで自治体が補助金を支出することで設置費用の負担を軽減して、システム設置をする人が増やすことが目的です。
岐阜市においても、この補助金を受けて太陽光発電システムを設置する人が増えています。
太陽光発電システムは石油などの資源を使わず、温室効果ガスを排出しない発電方法であるので、地球温暖化対策になるといえます。
さらに、住民自ら発電した電力を使用することで、節電にも効果があります。
岐阜市では、広い土地があるため、さらなる太陽光発電システムの導入が進められています。