太陽光発電を導入するのは高い費用がかかりますが、設置すると良かったと思えることは幾つもあるんです。
まず、電気料金の値上げでも、それほど気にしなくて良いという点でしょう。
値上げがテレビなどで伝えられる度に、殆どの人が暗い気持ちになってしまいます。
しかし、自分で電気が造れるんだから、気にしなくて良いんです。
天気が良い日は自分の電気が使えるし、曇り・雨の日ならば普段は電気料金を気にしないで電気が使えるのだから、かなり気分的にも余裕があります。
また、売電制度のお蔭で電気を売ったお金が手に入るので、雨の日など電力会社の電気を使うことがあったとしても、差し引けば経済的にも何の心配もないんです。
ですから、電力会社が値上げの方針を打ち出しても精神的打撃がないというのは、非常に喜ばしいことではないでしょうか?
それに、冬季の暖房費です。
電力会社の電気を使うと電気代が高額となるんですが、料金を気にしないで暖房が出来るというのは、精神衛生上たいへん嬉しいことでしょう。
そして、売電価格が下がったとしても、自分で使えば良いだけです。
電気を自分の使いたいように使えるので、これが最大の利点でしょう。
それから、電気について考える姿勢が出来るのも、良かったことへ入ります。
電気を造り出すには原子力発電にしろ火力発電にしろ、いろいろと問題となることがあるんです。
二酸化炭素の排出量をはじめとした環境への問題解決のため、個人が参加出来るというのは、問題意識を高めるためにも価値のあることでしょう。