岐阜の太陽光発電の普及率は3.2%で、全国平均の3%と同水準であり、全国普及率ランキングでは23位と、中間レベルになっています。
ともあれ、岐阜市では、震災以降、太陽光発電を設置するご家庭が急速に増えて来ています。
やはり、災害時の停電や電力不足が気になるようです。
太陽光発電なら、太陽が出ている間であれば自立運転機能を使い、停電時でも1.5KWまで電気の利用が可能になります。
たとえば、携帯電話の充電をしたり、テレビもラジオも使えて情報収集にも事欠きません。
また、太陽が出ている間に炊飯器でたっぷりご飯を炊いて、おにぎりを作っておけば、電気が使えなくなる夕食時にも食糧を確保できます。
日中は冷蔵庫も動かせるので、食品を腐らせずに保管ができます。
また、冬場のアイディアとしては、日中、コタツで暖をとり、その間、水を入れたペットボトルを温めて、陽が落ちたあとは湯たんぽ代わりに利用したという話もあります。
電気が復旧するまでの間、昼間だけでも電気が使えるか否かで、生活や心のゆとりに差がでそうです。