毎月の電気代も、バカにならないぐらいに高いものです。
まして、2011年に起きた大震災以来、原発も被害に遭ったせいで電力不足にも
なりました。
そうなると、当然のごとくに電力の節電に、値上げときます。
災害であるとはいえ、仕方がないとはいっても値上げは各家庭や企業にはつらいものです。
そこで、電力を少しでも自家発電として活用し、さらに余った電力を電力会社に売る売電をすることで、少しでも光熱費用を賄えることができるのが、太陽光発電です。
岐阜などをはじめとし、日本全国の都道府県が太陽光発電を推進しています。
ゆえに、太陽光発電を設置するのであれば、補助金制度を現在もとっています。
ただ、この太陽光発電もいろんなメーカーから出しています。
複数ある中から、どの太陽光発電が良いのかわからないこともあります。
訪問販売でも、太陽光発電を進めてきますが、その一軒だけで決めてしまうのも
損してしまう場合もあるのです。
複数のメーカーから太陽光発電を出しているのですから、各メーカーからの見積もりを貰うこと、そして機能性を比較し、さらに国や都道府県に自治体の補助金を調べて
金額を出していくことです。
今は、インターネットで機能性や一括見積もりもできますから、比較もしやすいです。
さらに、ネットで自治体などの補助金をも調べられますので、かかる費用もわかります。
ただ、安いからといってすべての太陽光発電が、どんな屋根にも設置できるかというとできない場合もあるので、確認も必要です。