最近岐阜で注目されているのは太陽光発電の蓄電池です。
従来は太陽光発電で作った電力というのはためられなかったのですが、蓄電池によって作った電気をためられるようになりました。
これにより発電できない夜でも太陽光で作った電気を使えるようになったのです。
数十万もするものですので、太陽光発電と一緒に購入するとなりますとかなり高くなってしまいますが、それでもどうしても蓄電池が必要な場合には買うのもいいかも知れません。
そして蓄電池というのは使えば使うほどにどんどんと寿命が短くなっていくものですが、蓄電池に負担をかけないシステムもあります。
フルで充電してしまいますと負担がかかるので大体90パーセントくらいまで充電するようにしているのです。
90パーセントというとほぼフルに近いですので結構使えるかと思います。
蓄電池もあわせて太陽光発電を使うことによって万が一非常時に停電するようなことがあったとしても安心です。
蓄積した電気で夜の電気も賄えるからですが、普通の太陽光発電よりもかなり優れたシステムになっていますのでこちらも一緒に検討するのもいいかも知れません。
蓄電池も取り扱っている太陽光発電の設置業者がありますので探してもらいたいと思います。
ただ、もしも特に非常時に使うという目的がないのでしたら普通のソーラー発電でいいかも知れません。
普通のソーラー発電でも売電により、金銭的にはメリットが得られるからです。
こちらも検討してみてください。